50歳代のおっさんが自動二輪に挑戦(3)


2015/08/02(Sun) 2時間目
 教習って、もっと細かく指示が出て、その指示通りにやるものだと思っていたのだが、全く違った。
 今回は、2回目なので配車番号だけつげられて、昨日のとおり、最初は右回りで一本橋とスラロームやっててねと言われた。で、バイクにまたがったが、教官がこない。他の人を見ると、各々勝手に動かして練習している。ああっ、そうなん。自分で練習していいんだということがわかった。
 で、言われていたように練習。一本橋は、おおっ、8秒ぐらいで通過できるようになった。スラロームも昨日はハンドルを切ってまわっていたが、少し体重移動をして回れるようになった。そうこうしているうちに、教官が来られて、今日はS字とクランクをするということで、一度タンデムでコースを体験。
 練習としては、左回りで一本橋・スラローム、右回りで、S字・クランク・一本橋となった。これを何度か練習したが、一番うまくいかなかったのが、クランク。2つめの角でどうしてもパイロンを倒してしまうことがおおかった。教官がいうには早く回りすぎているらしい。で、次にゆっくりいったらこけかけたので、それを言うと、バイクはあまり傾けず、体を左に起こすといいということで、次からは危なっかしながらも何とかクリアできるようになった。
 そうそう、今日、初めて転倒を経験。一本橋で左に落ちて、左は幅がせまくへたすると脱輪、芝生に突っ込むことになるので、やばいと思って右にハンドルをきると、一本橋にがががっといって、転倒してしまった。う~む。やっちまった。で、車体を起こすのが初めての右側からだったが、最初の事前審査の時に苦労したのがうそのように簡単に起こせた。おそらく、重さの実感がわかっていたので、一気にぐっといったのが良かったのだと思う。事前審査の時は、重さがわからず、力の掛け具合がわからなったのがだめだったのだろう。

2015/08/02(Sun) 3時間目
 今日は、連続で2時間入れたが、この夏の暑さでばてばてだった。
 3時間目は、まずは右回りと左回りと課題練習。途中で、次に8の字を入れるということで、まずは例によってタンデムでコース説明。その後、自分で練習。中に、右回りと左回りも入れながらした。しかし、ここで問題発生。一本橋で通過中、教官に足が開いている、もっととじて足下に押しつけるようにしてバランスをとるんだということ。で、これを実行すると、なかなかバランスをとることができなくなって、一本橋を通過できる確率がぐぐっと下がってしまった。
 これで、あと2時間で、一段階は終了になります。今週中には二段階にいけそうである。

カテゴリー: 雑記 | タグ: , | コメントする

50歳代のおっさんが自動二輪に挑戦(2)


2015/08/01(Sat)
いよいよ、今日から教習がスタートした。
まず、不安は、最初の事前審査で痛めた手首がまだ完治していないことである。この状態で、八の字とかさせられたら、もう最悪の状態です。
二輪の準備部屋で、体・肩・肘・膝のプロテクタをつけ、自分にあったヘルメットをもって教官を待ちました。

いよいよ、教習が始まりました。最初は、センタースタンド立てや倒れたバイクの引き起こしや八の字などの地味な練習を延々とさせられるのではないかと思っていましたが、何と、最初にバイクの基本を教えていただいたあとは、私の後についてきてくださいということで、いきなり実車体験。私は、原付経験があるので、大丈夫でしたが、二輪初体験の人はどうするんだろうと思いました。
しかし、我流で原付にのっているので、いろいろともっともな指摘をたくさんされました。

  • カーブを曲がるときに体が硬くて、しっかり体重移動ができていない。
  • 必要の無いときにはブレーキレバーには指をかけない。
  • ブレーキレバーを握るときは、指3本以上

今まで、しみついた癖はなかなか直りません。

今日の教習内容は、発進・停止・外周の外回り・内回り・細い道の低速走行、最後に、一本橋とスラロームもしました。一本橋は三回練習し、二回は通過できたが、5秒と既定の7秒にはまだまだ。スラロームは何とか、無事に通過。しかし、きちんと体重移動ができなく、完全にハンドルをきることによって曲がっています。

とりあえず、初日は何とか無事に終了しました。手首も無事、何度か、降車時に左にバランスがくずれて、やばいことがありましたが、何とか耐えました。

カテゴリー: 雑記 | タグ: , | コメントする

50歳代のおっさんが自動二輪に挑戦(1)


2015/07/20(Mon)
 今回、一大発心をして、この年にして、自動二輪(400ccまで・いわゆる中型まで)の免許を取ろうと思い立ちました。
 ただ、1つ心配なのは、この年で無事に教習所を卒業して、免許を手にすることができるのかどうかである。

 知り合いにきいたり、ネットで見ると結構中年でもとろうとがんばっている人がいて、決断をしました。
 この日に、入学金を手に握りしめて、受付に赴きました。ネット予約をすると、少し安くなるので、事前に申し込み自体はしておいた。

 すると、受付をすることなく、すぐに軍手を手渡されて、表に出なさいということ。
 何と、いきなり、センタースタンド立て、倒れているバイク(400cc)の引き起こし、八の字とさせられた。どうも、事前審査のようである。
 普段、原付に乗り慣れているので、大丈夫と思っていたが、重い。無茶苦茶重い。これは、やばい、とちょっとくじけかけたが、何とか、倒すこと無く、無事に全ての課題に結構時間はかかったもののクリアした。しかし、ここで、50代の年が露呈してしまった。左回りの押し歩きの時に、どうしてもまっすぐ支えることができず、自分の側に倒れ込んでくるのです。車体が。これを左手で支えようとするのですが、200kgを超える車体を左手一本で支えれるわけが無く、見事に手首をぐねってしまいました。
 入校式が1週間後だったので、1週間あれば直るとタカをくくっていたが、50代という年をなめてはいけない。2週間目の今もまだ、痛くて、完治していません。途中から、手首のサポーターを購入してつけていると、職場の皆様が手首どうしたのと聞きにきます。そのたびに、「実は50代の手習いというか、年寄りの冷や水というか、自動二輪の免許を取ろうとおもっているんです」と。

 とりあえず、一抹の不安はあったものの、受付で説明をうけると、どうしてもだめな場合は、小型に変更が可能だということだったので、そのまま、受付を終了して入校が決定。

2016/07/26(Sun)
 今日は入校式でした。
 入校式は、自動二輪と四輪と合同でした。基本的な説明をしてもらい、あと予約・配車の取り方や教習原簿の取り方・二輪の人だけ、別の部屋につれて行かれて、メットやプロテクタの説明などを受けました。
 次の時間は、運転適性検査(K型)とよばれる検査をうけました。

 私は、普通車免許を持っているので、ここで終了でした。
 免許を持っている人は、学科は二段階で1時間あるだけで、あとは全て免除なので、実技のみに集中できるので、良かったです。

カテゴリー: 雑記 | タグ: , | コメントする

NTTT Myビリングの罠


昨年末に、NTTから、書面による請求がいらない場合は、Myビリングに登録するようにとの案内が請求書&口座振替通知の書面と共に届いた。
もし、この手続きをしない場合は、請求書発行手数料の¥100を徴収するとのこと。
今は、webでの確認は流れですし、ペーパーレス化は私にとっては自然の流れなので、当然のことだと思いました。
しかし、ここからが長かった。

まず、Myビリングそのものは、以前から登録して利用していました。だから、ああ、特に登録をする必要は無いと思っていたのですが、念のためどこかに請求書をweb閲覧に変更するためのチェック欄があるのではないかと思い、探したが特にどこにも無かったので、まあ大丈夫かなと思ってほっておいた。

ところが、年が変わって1月にも請求書が届き、何と¥100引かれているではありませんか。
これはおかしいと思い、いろいろと探ってみると、うちは、NTTファイナンスの方からの請求なので、webビリングとかいうのにも登録しなければならないようだ。で、早速登録したが、特にweb閲覧・請求書発行を停止するようなメニューは無かった。まあ、これで大丈夫だろうと思った。

しかし、またまた、2月にも請求書が届いた。発行手数料しっかり引かれていた。いやいや、私の登録が遅かったからだよねと思っていたが、3月にも請求書が届き、発行手数料が引かれていた。
ええっ、これはどうしたものかと思い、もう一度、NTTのページを見たが、MyビリングのQ&Aには、「Myビリングを登録すれば、自動的に書面は送られません」と書いてある。でも、¥100引かれて送られてくる。

これは、直接、NTTファイナンスに電話をして問い合わせるしか無いと思い、電話した。
オペーレーター曰く、
「あなたのしているMyビリングとは別に申し込まないといけないのです」というので、
「それはどこに登録するところがあるのですか」と問いかけるが、
「わかりました。こちらで登録しておきます」というのです。
電話で、ごちゃごちゃいうのもややこしかったので、すなおに
「わかりました。お願いします」と返答した。

とにかく、意味がわからん。こっちとしては、「どこにそういう設定画面があるのか」、あるいは、「登録する場所があるのか」知りたかったのだが、それは教えてもらえなかった。

で、今日、郵便ポストを見ると、「Myビリング登録完了のお知らせ」というはがきが届いていた。

中身を見てみると、アドレスは、Myビリングそのものであるが、何とユーザーIDが違っていた。早速、アクセスしてみると、同じID, PW, お客様番号の入力画面であるが、前と違うIDでログインすることになるわけである。ログインすると、明らかに前のMyビリングとは違うメニューが表れた。もちろん、請求書をいらないとするメニューは存在しないが、これを登録することによって、請求書は送られてこなくなるわけである。

【まとめ】
これは、いかんだろう。全く、同じログイン画面から違うIDでログインすることによって違うメニューに入るなんて、思わないだろう。

初めて、Myビリングに登録する人は問題ないだろうけど、私みたいに前からMyビリングに登録している人にとってわかるはずもないところだし、フローチャートもあるんだけど、「以前からMyビリングを使用していた人」という選択肢がないから、こちらは、Myビリング登録しているから、再度登録するなんてことは基本的にしない。

これは、罠いがいの何者でもない。
NTTには、フローチャートをもっといろいろな人用にきちんと作り直してもらいたいものである。

この2つのIDは、ログインしてから、統合できることがわかったので、早速統合した。
これで、2つのIDを使い分ける必要もなくなったので、良かったが、最初からこういう風にしてもらいたかったものである。

カテゴリー: 雑記 | タグ: | コメントする

Delphiで、サロゲート文字とIVSに対応


仕事で、名前を登録して使用するプログラムを作って使っています。

今までは、unicodeのBMPだけを使用してそれ以外は、外字で対処していたんですが、最近、サロゲート文字やIVSというものがあることに遅ればせながら気がつきました。昨年末に仕事場のパソコンがWindows8.1になってから、このことに気がつき、辻の1点しんにょうと2点しんにょうの2つをかき分けることが可能となりました。

しかし、私の自作のプログラムは、これに対応していず、基底文字の後に??がつくという不具合がでてしまいました。これは、length, copy 関数が正常に動作していないことに原因があることがわかったので、早速、インターネットでサロゲートとIVSについて検索してみましたが、深みにはまってしまいました。そして、何とか、関数を作り上げたものの、さらに結合文字というものがあることに気がつき、挫折と妥協をしかけましたが、エンバカエロのサイトにサンプルコードがあり、これを拝借することにより、ほぼ思う通りの動作が可能になりました。

続きを読む

カテゴリー: Delphi | コメントする

中秋の名月


久しぶりに、デジボーグ77EDⅡを取り出し、中秋の名月をとってみた。
デジカメは、愛機の Canon 60D です。
撮影後、横幅3000でトリミングした。
2014-09-08_中秋の名月

カテゴリー: 理科 | コメントする

SSDを256GBから480GBへと換装


前のSSD(OCZ Agility 4)が残り、30GBを切り、そろそろ満杯になって障害がでそうな感じだったので、ここ数日は時間がとれるので、思い切って480GB(Intel 730)へと換装しました。

(1)まず、Windows8のインストールではまりました。
大原則のすべての関係のないHDDは、接続を切ったつもりだったのですが、何回やっても、この

「新しいシステム パーティションを作成できなかったか、既存のシステム パーティションが見つかりませんでした。詳細については、セットアップ ログ ファイルを確認してください。」

などというふざけたメッセージがでます。

スマホで、調べたけど、やはりHDDやUSBに機器がつながっているとだめらしい。でも、とったはずだし、と思いながら、何度もBootしているうちに、BIOSのチェックでもしようと思ったら、なんか、ドライブが3つある????。あれ、新しいSSDとインストール用にBlu-rayだけのはずだけどと思って、よくよく見てみたら、ケースの一番上にRatocのリムーバブルケースに入ったHDDはつながっていたよう(>_<) で、ケーブルを引っこ抜いて、Bootするとあっさりインストール完了。 (2)次は、グラフィックドライバではまりました。 うちのボードは、かなり古くなってしまって、NVidiaのGeForce GTS 250を使っています。今のところ、あまりいらいらすることがないので、交換せずに使っているのですが、実は、先日、新しいドライバを入れるとブラックアウトしてしまってどうしようもない事態におちいったことがあって、このときは、何とか、Windows8のインストールディスクを使って、復元ポイントをいくつか遡ると何とかうまくいったので助かりました。 今回も、Windows8 を Proに機能追加すると、同時にブラックアウトしてしまってどうしようもなくなる現象がでてしまった。 で、Windows 8をインストールした段階で古いドライバを入れようと思ったが、なぜかいつのを入れてもだめだった。これをするたびに、再インストールを強制されるのでつらかった。4回ぐらいしたような。 復元ポイントを使えばいいと思ったが、残念ながら、ドライバを入れる前に作成しても、だめなのです。 で、あきらめて、Windows 8 を入れてから、デバイスドライバでグラフィックドライバを確認すると、なんとGeForceのドライバが入ってるではないですか。じゃあ、大丈夫かなと思って、Proに機能追加したら、さっきはだめだったのに今回はうまくいった。なぜ???? Windows 8.1 に更新して、Windows Update をすべてかけて終了。 アプリケーションを入れ始めました。 (3)次のわなは、.NET Framework3.5でした。 Delphi XE6 Pro(プログラム作成)をインストールしようと思うと、なんと、.NET Framework3.5がインストールされてないとだめな仕様でした。もちろん、勝手にインストーラーがインストールしていくわけだが、なんと、失敗して、Delphiのインストールが中断してしまった。 で、ネットで検索して、「Windows の機能の有効化または無効化」の中にある、.NET Framework3.5のチェックを入れて、okボタンを押すだけでいいということがわかって、やってみたのだが、なんとやはり失敗するのです。ネットで検索して、あらゆる方策をとってみたが、やっぱりだめ。 何かのソフトかドライバを入れたときにおかしくなったよう。 ここでトイレ休憩。休憩しながら、「だから、Microsoftは嫌いなんだよう。何で、こんな仕様のOS作るかな。」と心の中で叫んでおりました。ここで、冷静になって、Delphiがインストールできないと、プログラム作成ができないなら、コンピュータを持っている意味なし。 ということで、一大決心。再・イ・ン・ス・ト・ー・ル。 (4)一応、はまりはここで終了のはず。 現在、Windows 8 → .NET Framework 3.5 の有効化 → Delphi のインストール → Pro化 → 8.1化 → 全更新 の順番で、うまくいった。現在、元の環境になるように全力で、復旧中。 水曜日の昼間から始めたので、もう3日かかった計算。 う~む、時間の無駄遣い。

カテゴリー: Windows 8, コンピュータ | タグ: | コメントする

食卓の椅子の座面の修理


結婚してしばらくしてから買い換えた台所のテーブルの椅子の座面が経年劣化でやぶれ、中のスポンジがのぞく状態になっていて、テーブル本体はまだまだ丈夫なので、椅子だけでも買い換えようかと相談していた。

で、ネットでよさげな椅子を探したりしているうちに、自分で張り替えたらええかなと思い始め、そっちの方で検索かけていくと、張り替え専門の店を発見。

そうか、自分でしたら失敗の可能性も多いし、そんなに見栄え良くできるわけもなく、ここは専門業者だと考えた。

で、探してみると、淡路島に「アイランド」という店を見つけた。値段は、1つ¥2,000さらに安く¥1,300があった。内容を見て、とりあえず、¥2,000がいいかなと思って、そちらで4脚の椅子の座面を張り替えてもらった。

うちの椅子は座面だけではなく背もたれも同じ合皮が使われているのですがこちらは特に問題ないので、そのままにしました。
この場合は、心配なのは、張り替えた座面と背面の色合いがかなり変わり見栄えが悪くなることです。でも、その場合はまあ仕方が無いとあきられるつもりでいました。

ところが、驚くべきことに、作業・返却はWebサイト通り迅速で、しかも、色合いは背面と全く同じで遜色なし。逆に¥2,000での作業は安いぐらいです。とても、満足のいく業者でした。

カテゴリー: 雑記 | タグ: , | コメントする

DIGNO DUAL2 その2


さて、アプリを入れていきましたが、昔から使用している、辞書データがあり、これは、PDIC形式や、EPWINGであるが、これをDIGNO DUAL では、SDカードに入れて使用していたわけである。

で、DIGNO DUAL2でも同様にアプリをインストールをして、辞書を指定しようと思ってはたと困りました。つまり、アプリは、内蔵ストレージに入っていて、辞書はSDカードなわけである。片方の辞書指定方法は直接打ち込みなので、フォルダの構造がわからないことには指定できなかったりします。

そこで、京セラのサポートに電話して、
私「SDカードはどこにマウントされていますか」
サ「別のドライブです」
私「いやいや、ルートから見るとどこになりますか」
サ「別のドライブです。USB接続すると、2つのドライブが見れますから」
私「いや、パソコンからではなく、アプリから指定したいのですが」
サ「SDカードは指定できません。中身を見たいのならファイルマネージャーをインストールしてください」
(えっ、そんな仕様なん。ファイルギャラリからは見えているけど)
私「ということは、SDカードに対応していないアプリではアクセスできないんですね?」
サ「そうです」
私「わかりました。ありがとうございました」

ということで一応納得して電話を切りましたが、今まで、Androidはそこまで中身を見る必要に駆られなかったので、ファイルマネージャーをインストールしていませんでしたから、ES ファイルエクスプローラーを入れて見てみて、わかりました。

京セラのサポセンのおじさん、ちゃんとマウントされてますよ。アプリからも普通にアクセスできますよ。

Android Root

携帯端末root

sdcard フォルダ内

strageフォルダ内

というようなフォルダ構成になっています。

端末ルートには、/sdcard と /storageというフォルダがあり、以前のと互換を保つために、/sdcard と /storage/sdcard0の中身は同じもので、内蔵ストレージの中身です。

そして、SDカードは、/storage/sdcard1にマウントされています。

カテゴリー: Android | 2件のコメント

DIGNO DUAL2


DIGNO DUALであるが、メーカー(京セラ)のHPの言葉を信じ、Android OS 4.1対応を心待ちにしながら、昨年機種変更した。

この春、公約通り、4.1にバージョンアップしたわけではあるが、HTMLメールの画像が多いものではすぐにメーラーがハングアップ。そして、メインメモリが少ないため、必要なソフトをすべて入れることすらできない状態である。さらに、空き容量を十分に開けているはずなのに更新失敗したりする。おそらくワーキングメモリ容量が足らなくなっているのではと思うがよくわからない。まだ、2.3の時の方が安定して動作していたように思う。

まず、DIGNO DUALでは、はっきりいって4.1にバージョンアップするメリットは少ないように思う。

以上のような状態で、いいかげんストレスがたまっていたので、まだ2年たっていないが、DIGNO DUAL 2へと機種変した。

これが、分割払いの残渣は残っているものの、大正解である。

メーカー(京セラ)のHPには記載されていないが、

  • メインメモリ 4Gbyte
  • 内蔵ストレージ 8Gbyte
  • SD  SDXCに対応し最大64GByteまで使用可能

という贅沢な仕様であった。

なぜ、明記されていないのかわからない。
これは、広大なメモリ空間で現在、必要なアプリを全部入れても、まだまだあいている状態である。すばらしい。
ただ、いくつか仕様の変更があったようで、アプリはSDにはインストールできなくなっています。メインメモリか、内蔵ストレージのどちらかになります。つまり、大容量のSDカードを持ってきてもそちらにはアプリはインストール不可となります。もちろん、画像や動画などのデータはSDへの保存となるので、そういう意味では必要ですが。

カテゴリー: Android | コメントする