50歳代のおっさんが自動二輪に挑戦(2)


2015/08/01(Sat)
いよいよ、今日から教習がスタートした。
まず、不安は、最初の事前審査で痛めた手首がまだ完治していないことである。この状態で、八の字とかさせられたら、もう最悪の状態です。
二輪の準備部屋で、体・肩・肘・膝のプロテクタをつけ、自分にあったヘルメットをもって教官を待ちました。

いよいよ、教習が始まりました。最初は、センタースタンド立てや倒れたバイクの引き起こしや八の字などの地味な練習を延々とさせられるのではないかと思っていましたが、何と、最初にバイクの基本を教えていただいたあとは、私の後についてきてくださいということで、いきなり実車体験。私は、原付経験があるので、大丈夫でしたが、二輪初体験の人はどうするんだろうと思いました。
しかし、我流で原付にのっているので、いろいろともっともな指摘をたくさんされました。

  • カーブを曲がるときに体が硬くて、しっかり体重移動ができていない。
  • 必要の無いときにはブレーキレバーには指をかけない。
  • ブレーキレバーを握るときは、指3本以上

今まで、しみついた癖はなかなか直りません。

今日の教習内容は、発進・停止・外周の外回り・内回り・細い道の低速走行、最後に、一本橋とスラロームもしました。一本橋は三回練習し、二回は通過できたが、5秒と既定の7秒にはまだまだ。スラロームは何とか、無事に通過。しかし、きちんと体重移動ができなく、完全にハンドルをきることによって曲がっています。

とりあえず、初日は何とか無事に終了しました。手首も無事、何度か、降車時に左にバランスがくずれて、やばいことがありましたが、何とか耐えました。

カテゴリー: 雑記 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください