大学院の集中講義(社会教育特講)


8/6,7,10,11と4日間、朝から夕方までのぶっ通しで「社会教育特講」という夏季集中講座を受講しました。
なかなか、ハードでしたが、内容は思っていた以上に十分に内容があり満足でした。

主テーマは、「生涯教育」ですが、それに関連して学校教育の限界や「ローカルな知」「教育の時間」「教育の空間」といった今までに考えたこともなかった概念を教えていただき、とてもためになる講義でした。
また、単なる講義だけでなく、それに対する出席者の討論があったり、出席者の今していることなどについての発表があったりで、変化に富む内容で楽しく受講することができました。

最近は、理科以外で、知的好奇心がわくことは少なかったのですが、この講義は良かったです。

カテゴリー: 大学院 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください